再確認

a0134180_10502481.jpg


私がここで暮らしを営みたいと思った理由は
ただただ

「生きている」

という実感を毎日体じゅうで感じたいから。



例えば薪割りをしていると、

この木がどこにあったのか
誰がここまで運んでくれたのか
そして今自分は家族のために、暖をとるためにこの木を割っていて
しばらくすれば、それは暖かな火になって消えてゆく

そんなことを感じ考えられるのだ。

一人で生きているわけではない、
たくさんのものに囲まれ支えられ生きていることを実感できる暮らしが今の暮らしだ。

便利なものや簡単なものに囲まれていた時にはなかった感覚が
今は身についている

私じゃなくてもできることが世の中には溢れているけれど
私にしかできないことも確かに存在しているんだよね

私にしかでいないことをさせてもらっている時に

「生きている」ことを実感できるんじゃないかな


「生きている」実感を得たい。
「今」を生き切りたい。

過去でも未来でもなく、今を生きることに魂の炎を燃やしたい。

美しい山や空や田や川が当たり前にあることの幸せ
美しい太陽、月、星、宇宙、地球、そこに住む私たち

私たちが生きていくのにあらゆるものが関わっていて、美しいものは必要不可欠なんだってことを
子ども達に伝えたい

子どもたちの底なしの優しさやキラキラ輝く瞳、安らかに眠る寝顔を見ていると
本当に天使に思える。

子を産んで育てていることは「生きている」ことを実感する象徴的なことの一つだ。
私は彼らのたった一人の母親で、私にしかできないことが目の前にある。

子育てに辛くなっている女性に気づかせてあげたい。
お母さんって尊い存在なんだよって。
親になるってすごいことなんだよ
自分にしかできないことに溢れているんだよって。

子どもたちはもじゃもじゃした大人を癒してくれる存在。気づかせてくれる存在。

彼らは「今」を生きている
私も「今」を大切に生きたい。






[PR]

by aboc_det | 2017-12-11 11:06 | 日々

<< 佐々木愛展『風景と物語のあいだに』 秘密のデート >>