特別企画 富山「森つくし 器展」

a0134180_01044784.jpg

今年最初の器展となります。

毎年のようにお世話になっている、北海道は弟子屈にあります
「器とその周辺 山椒」さんにて
4月28日から5月6日まで『春の山椒展』が開催されます。
(お知らせが直前になってしまいました)

なんと有難いことに、その期間店内の一角で私の器展を企画してくださいました。
富山「森つくし 器展」

コツコツと作りためたものを90点ほど出品します。

ハレの日の器ではなく、ケの日の器。
今回は毎日の食事のお供になるような器を作りました。

これまでの「見た目の良さ」よりも「使いやすさ」の比重が大きいかな。
自分の世界を表現した、というよりは
自分の「日々の暮らしを映しこんだ器」だと思います。

目指したいのは、民芸品のような在り方で、
見た目は既存の民芸品の器とは異なっても
「暮らしに寄り添い、ただそこに在って美しい」
という存在感。

我は凡夫であることを忘れずに
コツコツ、たんたんと
手の中で。

まだまだその目的地への道のりは厳しいですが
これまでとこれからの途中経過をお楽しみいただけましたら幸いです。






a0134180_01051251.jpg

ありがとうございます。

[PR]

by aboc_det | 2018-04-28 00:33 | 展覧会

<< 仕込み三昧 酒粕いろいろ >>